line

エチオピアのイルガチェフェ

スペシャルティコーヒーの世界で有名なイルガチェフェです。
その独特な香りでファンの方もたくさんおられます。

でもイルガチェフェって何のことでしょう?
農園名でも生産者名でもありません。
この独特な香りを有するコーヒーを生産する地域のことです。
ざっくり書くと、
「モカ>エチオピア>イルガチェフェ」 (右へ行くほど地域が絞られる) ってなります。

今回紹介するのは、その中でもとりわけ華やかな香りの
コンガ地区のウォテウォッシングステーション(精製工場)のナチュラルです。

この場合のナチュラルとは、
コーヒーの実を付けたまま乾燥する精製方法のひとつで、
決して有機だとか、環境にやさしいということではありません。
自然志向の皆さん、ガッカリしないでください。

ナチュラルの特徴は
甘く華やかな香り、しっかりしたコクと甘い口当たり、など。
それぞれの地域の香味に、ナチュラルの特徴が加わると複雑な味わいとなります。
このコーヒーも赤ワインを思わせるフルーティさを感じます。

今回はフレンチローストにしてます。
一般に浅煎り~中煎りが主流のイルガチェフェですが、
深煎りは甘みが増して、なかなかいけますよ。

なお、イルガチェフェも今回のニュークロップから値上げしてます。
ほぼ全てのコーヒーで値上げが止まりません。ご了承ください。

追伸
先日のエスプレッソマシンですが、バルブの劣化でお湯が漏れていたとのこと。
それが電気系統に不具合を起こさせていたようです。
たったそれだけなんですが、修理代は全く可愛くないです。

店長