line

カングヌファクトリーとマカウバ・デ・シーマ農園

ケニアからカングヌファクトリーが入荷しました。
ケニアは主にSL34とSL28といった品種のコーヒーを生産しています。この品種はケニアフレーバーという他では嗅ぐことができない独特の甘い香りがします。このカングヌファクトリーも上品なケニアフレーバーを感じます。口の中に入れると華やかな酸が広がり、果実感たっぷりのコーヒーを味わうことができます。

マカウバ・デ・シーマ農園は、昨年秋に収穫されたブラジルのニュークロップ(新豆)です。当店が開業した8年前から、この時期にはこの農園のコーヒーを扱っており、多くのファンを持つ定番の農園です。ナッツ感のある珈琲らしい香味を味わうことができます。