line

ナチュラルとウォッシュト

ナチュラルとウォッシュトは精製方法の種類で、それぞれ非水洗式、水洗式とも言われています。ナチュラルは果肉がついたまま天日乾燥する方法で主にブラジルやエチオピアで採用されています。一方ウォッシュトは、チェリーを水槽に入れ異物を取り除いた後に果肉を除去し、取り出したコーヒー豆に付いている粘液質を取り除いてから乾燥という手間のかかる精製方法。そうすることで、欠点豆の少ないすっきりした味わいのコーヒーができます。

いま当店では、エチオピア・イルガチェフェで、このナチュラルとウォッシュトを販売しています。どちらもコンガステーションのコーヒーですが、「精製方法でこんなに香味の違いが・・・」と驚かれると思います。ナチュラルは圧倒的な華やかさを持つフレーバーが、ウォッシュトはすっきりした清涼感のある香味が特徴です。

DSC00523

左がウォッシュト、右がナチュラルの生豆。ウォッシュトのブルーグリーンに対して、ナチュラルは少し黄色っぽい豆です。ナチュラルのグレードが低いものは欠点豆が非常に多いのですが、この豆は本当にきれいですね。