line

急冷アイスコーヒーの作り方

先日のDEARCUPライブで演奏していたクロマチックハーモニカ。
家にもクロマチックハーモニカがあったので吹いてみたのですが、これがなかなか難しい。どこを吹くのか吸うのか、レバーを押すのか押さないのか、音を出すのに少し考えてしまいます。ちなみに音配列は写真のようになってます。
クロマチックハーモニカの名手、Stevie WonderやToots Thielemansは、軽く演奏しているように見えますが…
暑い日はアイスコーヒーを飲みながらStevie WonderやToots ThielemansのCDなんていかがでしょうか?
DSC00810
そんな訳で、今回は喫茶でお馴染みの「急冷アイスコーヒー」の作り方をお教えします。
毎年この時期になったら載せているのですが、昨年と変わった点はありません。濃く淹れたコーヒーを氷でキリッと冷やすだけ。特別な道具は一切いりません。ぜひお試しください。

DSC00696 DSC00697

2人分作ります。200ccで25g~30g粉を用意し、コーノドリッパーに入れサーバーにセッティングします。
90℃~95℃のお湯を少し粉の中央に落とすと、新鮮なコーヒーは粉が膨れてきます。
膨らむのが収まったら、再び少しお湯を落とし、膨らみが収まるまで待ちます。

DSC00700DSC00703

膨らむのが収まったら、次のお湯を落とします。粉の中央から外に向かって一周円を描くように落としていきます。円の大きさは500円玉くらい。ドリッパーの端にお湯を落とさないように円を描きます。
あとは200ccになるまで、この動作を繰り返します。

DSC00708DSC00780

氷がいっぱいのグラスを用意してください。そこにまだ熱いコーヒーを一気に注ぐと、「急冷アイスコーヒー」が出来上がります。喫茶では苦めのフレンチローストを使っていますが、浅めのローストでより酸を感じるアイスコーヒーもスッキリしていてお勧めですよ。

コーノドリップ名人(ドリッパー・ペーパー10枚・計量スプーン)  税込622円
ふかいりブレンド 100g  税込510円