line

この時期になると思わずにはいられません

DSC01560

ある日のモーニングです。

休日の朝はモーニングの時間、結構たくさんの方にお越しいただいています。
開店当初、モーニングのメニューはやっていませんでした。
あくまでも珈琲メインで、モーニングをする予定もありませんでした。
モーニングどころか、フードメニューの中にトースト類もなかったんです。
(サンドイッチもハムタルとハムクリの2種類だけでした。)

8年前はまだ、
*喫茶店なのに禁煙なんて・・・
*スポーツ新聞も置いてないの・・・
*モーニングやってないって・・・
*トーストもないの・・

・・・だから、お客さんが少ないんや。
てな感じでした。

面と向かって「このままじゃ、もたんよ。」とはっきりと言われたりもしたので、
実際は聞こえないところでは、もっと辛らつにいわれてたかも。
半面、「こういう店を待ってました。頑張って。」と温かい励ましも思った以上にいただきました。
それに、厳しい事を言いながらもちょうど煙草の大幅値上げもあった時で、
「ここに来てる間は禁煙できるやろ・・。」とお知り合いを連れてきてくれはったり、
今はもう無くなったお店のご主人が、自分とこのお客さんに「行ったって。」
と声かけしてくれてたりと、ホントたっくさんの人たちに育ててもらったぁ・・と思います。

お客さんが望んではることを全て受け入れることはできないけど、
店としてできることは・・・と考えて、メニューもいくつか変更してきました。
モーニングもその一つです。
モーニングなのに9時始まりという遅さですが、営業時間からは精一杯です。
始まりの時間が遅くても、11時までという終わりの時間はキッチリ・・というのがDEARCUPです。

先日、8周年を迎えナント9年目に突入しました。
この時期になると、思い出すのは開店当時の不安な気持ちや数々の失敗。
そのくせそれらを、今なら恐ろしく思うほどの能天気さでおれたのも、
自分たちが無知でいたから。

あ~、こんなんで8年間過ごせてきたのは、
ただただ皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます。
感謝、感謝。
これからもよろしくお願いいたします。