line

10年ひと昔

4月10日は、DEARCUPの開店記念日で、今年はいよいよ10周年を迎えました。
開店して10年です。みんな年齢の十の位が1つ大きくなりました。

コーヒーも売れず、喫茶に来て下さるお客様もほんのわずかで
いつまでもつか、もうあかんやろうと噂されてた(これ、ホント)最初の年。
「完全禁煙なんて、大和川の向こうでしか通用せぇへんで。」
と、呆れたように言われた頃でした。
けど、それを助けてくれたのもお客さんからの
「こんな店を待ってた。」「頑張ってね。」
という応援の声でした。

今から思うと(今でも?)穴があったら入りたい!又はなにやってんねん!
と、ツッコミ入れたくなるようなことばかり。
人が来ないことをいいことに、みんなで客席でお昼を食べていたり、
開店当日になって、新しいトースターの使い方がわからずテンパったり・・・
手際の悪さから、長い事お待たせすることもしばしば。
それでも何とか今まで続けてこられたのは、お客様のあったか~い優しさと忍耐、
そして身近な人たちの応援のおかげです。

何故か何の縁もゆかりもないここに店を開いたヨソモノの私たちでしたが、
開店当日、たくさんのパンを差し入れしてくれたパン屋のおじさんや
途中から始めたモーニングに毎日来てくれ、また自分とこのお客さんに
「(DEARCUPに)行ったって。」と声掛けしてくれたお寿司屋さんの大将。
ほぼ毎日来てくれては、面白い話を聞かせてくれた先の宮司さん。
今はもう近くにおられない方たちですが、本当にお世話になりました。
今でもただただ感謝!です。

この店を始めて、今までの仕事関係や学生時分の友人知人たちも
豆を買ってくれたり店に来てくれたり、ずっと繋がりを持たせてもらってるのは
嬉しい限りです。

そして、この店を通して出会えたお客さんたち。
DEARCUPに来て下さって本当にありがとうございます。
店に来てもらえたことで、どんどん店が育ち出来てきました。
これからもよろしくお願いします。

10周年記念のくじびきを、10・11日と行いました。
おひとり目・2人目と続いて特等クラスの商品が出たのはびっくり!
きっと10年目の幸先いいスタートのあらわれでしょう。その他10周年の機会に新しいソファ席や植物など
小さなリフレッシュも行いました。少しでも気分よく過ごしてもらえれば嬉しいです。

 

10年たっていささかくたびれてきた感のある私たちですが、
ここまでやってこれた事、たくさんの人との繋がり、
そのすべてに感謝して、また次に進んでいきたいと思います。

 

次の10年後はどうなっているんでしょう。
ずっと、もう引退や!と言い続けている店長は益々口うるさくなっていくのでしょうか?
おお、こわ・・・

 

工事中3

(*この頃は、もう夢いっぱい。少しずつ出来上がっていくのが楽しみで楽しみで。
これが、出来上がった時徐々に不安も現実のものに・・・
夢から地獄へと変わっていったお話は、ぜひまた今度聞いてください。)