line

東ティモール ニュークロップ入荷

日本のNGOが支援しているフェアトレードコーヒー

東ティモールは、オーストラリアとインドネシアの中間に位置する2002年に独立したアジアの国です。独立して間もない新しい国で、主だった産業といえばコーヒーぐらいしかなく、各国のNGOが援助することで徐々に質の良いコーヒーが生産され始めています。

今回は、さらに地域を限定。レテフォホ郡カトライクライク村ハトレテ集落のコーヒーを扱います。標高が2100mとレテフォホ群の中でも屈指の標高。きれいな柑橘系の酸となめらかなコク、甘い後味で非常にクリーン。今までで一番の香味です。

  • 精製:ウォッシュト
  • 品種:在来品種
  • 標高:2100m

東ティモールの風景。コーヒーの実を収穫します。

景色User comments

コーヒーチェリーの選別。未熟な青い実を取り除きます。脱肉し種だけを取り出します。

レッドチェリーのハンドピック脱肉の様子2