line

緊急事態宣言

店の入り口のテーブル。
いつもはいろんな店やイベントのお知らせのチラシなどを置いてあります。
今は・・・イベント関係はすっかりありません。
うちでも3月に予定していたライブも中止になりました。

7日夜に発令された緊急事態宣言。
この画数多目の6文字。
見るからに重々しく、不安な気持ちを誘います。
偉い人たちの話を聞いてても、とにかく大変なことが起こっている、
ということをひしひしと感じます。
この緊急事態宣言が出され、店としてどう対応しようか考えました。
いろんな方法を考えてみました。
同じ立場の方たちの対応をみたり、相談しあったりもしました。
みぃんな悩んでます。
お客様の事、店の事、自分たちや家族の事、ここ堺、大阪、日本、世界の人たちの事。
いろんな形での自粛。
何が正解でどうすればいいのか、正直分かりません。
どう動くにしろ、それが最善かどうか自信も持てません。
同じことで、こんなに多くの人たちが悩んでる事は、私の長~い人生の中で初めてです。

「開いててよかった!。」と珈琲豆を買いに来て下さる方がいる限り、
(店長は)営業を続けます。
毎日の状況、国や府からの要請をみながら、営業形態は変わっていくと思います。
どうぞご了承下さい。

明日明後日の土日は、珈琲豆の販売とテイクアウトのみで、喫茶の方は閉めさせていただきます。
(今のところ、平日は喫茶もする予定です。)
また当分の間、18時閉店ということにさせてもらいます。

何のことない、いままでの当たり前の日常がホントにありがたい時間だったんやと思います。
コロナ騒ぎが収まっても、あの日常がすぐに戻ってくるとは思えません。
けど、日本史にも世界史にも残るこの出来事の真っただ中にいる者として、
いっぱいあがいて、いっぱい我慢して、なんとか乗り切ろうと思っています。

皆さま、どうぞご自愛ください。

 

今日はDEARCUPの開店記念日です。
こんな状態ですが、おかげさまで無事12年目に突入しました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。